■トップページ■

ごあいさつ

構図・組織     
沿革     
■特徴       
 □生瀬方式       
 □4者連携    
運行計画    
路線・時刻表    
利用者の推移 NEW    
利用者の声    
アンケート     
■利用促進活動       
 □事務所の開設
 □会報(最新号)
 □会報(1~10号)
 □会報(11~20号)
 □会報(21~30号)
 □会報(31号~)
 □ゆるキャラ       
 □音楽・踊り       
 □ぐるなま合唱団
 □アルバム
 □地域の皆様へお願い
支援関係(パートナー)
ボランティア募集中    
■理事専用
 □年間行事
 □当面の予定 NEW
 □活動報告 NEW
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

  
       

~人をつなぐ、まちをつなぐ~  地域みんなのおでかけ交通

ぐるっと生瀬は、西宮市生瀬地区の住民の足となっている、
地域主体で運営するコミュニティバスです。


    
             交流を通して

  新年度がスタートしました。コロナ禍の中、しかも関西は関東にも増して感染者が
 多い中ですが、年度末には高校野球、卒業式が入場制限化の中挙行されました。入社
 式や入学式で若者や子ども達の笑顔の映像が流れるとわがことのように嬉しくなります。
  昨年は永長と続いた伝統的な行事を始め、学校行事、地域のささやかな活動会議
 などがすべて中止になり、目に見えない敵になすすべのない人間の無力をさらけ出した     
 1年でしたが、ワクチン開発も進んだこともあって、まだまだ終息には程遠いとはいえ、
 災いに歯を食いしばって立ち向かう人間の英知や力強さを感じ、今年は明るい希望の     
 兆しさえ感じます。ぐるっと生瀬の運営に携わる理事の活動も制限化で縮小されて     
 いましたが失望や焦燥を払って新たなエンジンで前に向かって進まなければならないと     
 思っています。     
  今年になって、隣町の名塩コミュニティバス準備委員会と本格的な交流が始まり     
 ました。昨年はこちからか会議に参加しましたが、今年は私たちの常任理事会に参加     
 してもらっています。名塩はすでに試験運行を始める段階にまで進んでいます。     
 山口や苦楽園も運営委員会を発足し活動が始まっており、何度か関係者と会合を持ち     
 ました。ここも間もなく始まります。宝塚のランランバスとも発行している会報を     
 始め種々の情報交換を行っています。周辺で同種のバスが幾つも立ち上がりそうです。     
 これは私たちにとって大きな力になります。地域が主体となった運営にはノウハウが     
 経験者のアドバイスもさることながら、実際に悩みを抱えて悩んでいる活動主体との     
 生の連携が必要です。全国の事例集や学識連携がより重要ではないかと思います。
 地域特有の課題の共有、解決の方策や手法の習得、行政支援の在り方を共に考え、
 知恵を出し合えば足腰の強靭で息の長い安定した運営につながると確信します。
 これからも市内、県下の団体と緊密に連携して課題方策を共有し、地域や利用者の
 皆様により便利で使いやすいバスを目指して頑張っていきたいと思います。
  お陰様でバスの利用者も、3月は90人に迫る勢いでした。先日バス停で待っている
 数人のお客さんに話を伺うと「もうこのバスなしでは生きていけない」「上り下りは
 バスに乗って、平坦を歩くのが私の日課」「このバスは生瀬の救世主やね」と嬉しい
 返事がありました。社交辞令を差し引いても、ぐるっと生瀬が地域に深く根付いている
 ことを実感します。
    
     
        三田市のあかしあ台小学校区の地域と交流しました。
      
             5月の連休中の運行について

  5月は1日~5日までがいわゆる5連休です。3日(月)4日(火)5日(水)は
 祝日で運休となりますが、さすがに5連休で生活の足を奪ってはいけないと、今年は
 特別運行日にしました。会報ですでにお知らせしておりますがお間違いのないように、
 どうぞ皆様で話題にしていただき、ご乗車ご利用をお願いいたします。
    
     
   会報等でもお知らせしていますが、念のために停留所にも掲示しております。
 

    ありがとうキャンペーン継続中
    「乗っていただいてありがとう、乗せていただいてありがとう、
     コロナ禍だからこそ笑顔で一声を」


■□ 当面のコロナ対策 □■
・手すりやシートベルトなどは休憩ごとに除菌殺菌しています。    
・運行中は換気のために窓を開ける場合があります。    
・ご乗車の際はマスクの着用をお願いいたします。    
・お釣りがないようにできるだけ回数券をご利用ください。
・運転席横の助手席を当面使用禁止にいたします。
  

■□ お知らせ □■  
2021年4月11日 令和3年3月の利用者実績を更新しました。(利用者の推移のページに掲載)
2021年3月20日 青葉台西宝橋停留所C15を移設しています。ご注意ください。    




このHPは「ぐるっと生瀬」運行協議会が運営しています
〒669-1112 西宮市宝生が丘1-24-10  Tel:070-1819-1549
E-mail:guruttonamaze@gmail.com

★全国各地で、コミュニティ交通に取り組んでいる仲間たち★