■トップページ■

ごあいさつ

構図・組織     
沿革     
■特徴       
 □生瀬方式       
 □4者連携    
運行計画    
路線・時刻表    
利用者の推移 NEW    
利用者の声     
■利用促進活動       
 □事務所の開設 NEW
 □会報(最新号)
 □会報(1~10号)
 □会報(11~20号)
 □会報(21~30号)
 □ゆるキャラ       
 □音楽・踊り       
 □ぐるなま合唱団
 □アルバム
 □地域の皆様へお願い
支援関係(パートナー)
ボランティア募集中    
■理事専用
 □年間行事
 □当面の予定 NEW
 □活動報告 NEW
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

  
       

~人をつなぐ、まちをつなぐ~  地域みんなのおでかけ交通

ぐるっと生瀬は、西宮市生瀬地区の住民の足となっている、
地域主体で運営するコミュニティバスです。

    
  9月の声を聞くと、さすがの炎天下にあってもどこか空の雲や草花に涼しさを覚えます。
 事実朝晩は窓から風を感じるようになりました。
  8月の乗車数が出ました。7月に若干劣るもののほぼ安定期に入ったと思わせる回復ぶりで
 安心しました。
  病院も電話で診察し、買い物も買い溜めが奨励された外出自粛下にあって、航空も鉄道も
 バスもタクシーも交通機関は軒並み昨年度実績の50%ダウンが報告されているなかで、
 郊外の小さな田舎町を走るコミュニティバスがこんなに貢献しているのは奇跡的では
 ないかとさえ思います。通院や買い物を主たる用途として導入したこのバスの意義も、
 実は日常の息苦しさから開放される家々の窓のような働きをあわせもっていたのでは
 ないかと考えれば、コミュニティバスの価値の多様性はさらに高まってきます。
  これも、すべて安心安全を確保し定時継続運行を厳守されている阪急タクシーの皆様方の
 ご努力のお陰に他ならないし、また地域愛に満ちた利用者の皆様方の誠意の賜物と感謝を
 申し上げます。ここ数日は減少期に入っているコロナ問題ですが、まだまだ油断は禁物で、
 引き続き皆々様のご用心をよろしくお願い申し上げます。
  ところで、写真のマスクは、西宮市の交通会議の柴原委員の発案を運行協議会の
 青山副理事長が参考にして作りました。10万人達成記念タオルの生地を利用したもので
 宣伝効果抜群です。ありがとうございました。


  


■□ 当面の対策 □■
・手すりやシートベルトなどは休憩ごとに除菌殺菌しています。    
・運行中は換気のために窓を開ける場合があります。    
・ご乗車の際はマスクの着用をお願いいたします。    
・お釣りがないようにできるだけ回数券をご利用ください。
  

■□ お知らせ □■
2020年9月5日 令和2年8月の利用者実績を更新しました。(利用者の推移のページに掲載)




このHPは「ぐるっと生瀬」運行協議会が運営しています
〒669-1112 西宮市宝生が丘1-24-10  Tel:070-1819-1549
E-mail:guruttonamaze@gmail.com

★全国各地で、コミュニティ交通に取り組んでいる仲間たち★