■トップページ■

ごあいさつ

構図・組織     
沿革     
■特徴       
 □生瀬方式       
 □4者連携    
運行計画    
路線・時刻表    
利用者の推移 NEW    
利用者の声     
■利用促進活動       
 □事務所の開設
 □会報(最新号) NEW
 □会報(1~10号)
 □会報(11~20号)
 □会報(21~30号)
 □会報(31号~) NEW
 □ゆるキャラ       
 □音楽・踊り       
 □ぐるなま合唱団
 □アルバム
 □地域の皆様へお願い
支援関係(パートナー)
ボランティア募集中    
■理事専用
 □年間行事
 □当面の予定 NEW
 □活動報告 NEW
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

  
       

~人をつなぐ、まちをつなぐ~  地域みんなのおでかけ交通

ぐるっと生瀬は、西宮市生瀬地区の住民の足となっている、
地域主体で運営するコミュニティバスです。

    
  11月に入り庭木や街路樹も少しずつ色づき始めました。
 10月の集計によると先月はコロナ禍が始まって以来最高の利用者数でした。
 落ち込みが危機的状況だった4月から徐々に回復し、ここ3か月は例年に迫る利用率で
 正直ほっとしております。
  ここ1年間の集計を分析すると、利用の仕方に顕著な違いが見えます。1便が3便を
 抜いていることです。今までは6便ある便数の中で3便目が断然多かったのですが、
 コロナ禍の中では1便目が増えてきています。1便はご存知の通り主として出かける人が
 中心の単数、3便は出がけに乗り、また1~2便で出かけた人が帰りに乗るいわゆる
 合算が主です。合算より単数が多いということは車内の密、出かけ先での密を回避が
 しやすい利用者の工夫というか、感染防止意識の高さの表れではないかと感心しています。
  このように乗車マナーを守り、外出時間帯も意図的に考慮する利用者の皆様方の
 お心遣いと、そのことを数値で教えてくれるデータは平素運転手が停留所毎に乗降数を
 記録し、本社で集計して作製されたものであり、このような日々の真意な積み重ねが
 あって現在の状況に至っていると感謝しております。昨今のニュースでは公共交通機関の
 ほとんどが減便、運休、減益が報ぜられる中ですが、今後とも皆様方のご理解ご支援を
 よろしくお願い申し上げます。

(写真は11月2日宝塚駅前キャンペーン  生憎の土砂降りでした)

  


■□ 当面のコロナ対策 □■
・手すりやシートベルトなどは休憩ごとに除菌殺菌しています。    
・運行中は換気のために窓を開ける場合があります。    
・ご乗車の際はマスクの着用をお願いいたします。    
・お釣りがないようにできるだけ回数券をご利用ください。
  

■□ お知らせ □■
2020年11月6日 令和2年10月の利用者実績を更新しました。(利用者の推移のページに掲載)




このHPは「ぐるっと生瀬」運行協議会が運営しています
〒669-1112 西宮市宝生が丘1-24-10  Tel:070-1819-1549
E-mail:guruttonamaze@gmail.com

★全国各地で、コミュニティ交通に取り組んでいる仲間たち★