■トップページ■

ごあいさつ

構図・組織     
沿革     
■特徴       
 □生瀬方式       
 □4者連携    
運行計画    
路線・時刻表    
利用者の推移 NEW    
利用者の声     
■利用促進活動       
 □事務所の開設
 □会報(最新号)
 □会報(1~10号)
 □会報(11~20号)
 □会報(21~30号)
 □ゆるキャラ       
 □音楽・踊り       
 □ぐるなま合唱団
 □アルバム
 □地域の皆様へお願い
支援関係(パートナー)
ボランティア募集中    
■理事専用
 □年間行事
 □当面の予定
 □活動報告 NEW
アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

  
       

~人をつなぐ、まちをつなぐ~  地域みんなのおでかけ交通

ぐるっと生瀬は、西宮市生瀬地区の住民の足となっている、
地域主体で運営するコミュニティバスです。

    
  九州や東北に甚大な被害をもたらした集中豪雨は、コロナ禍も一時的に霞むほどの
 悲惨さで連日テレビ画面を独占しました。
  被害の規模も尋常ではなく、コロナも第2波も予想され、梅雨明けと同時に肌を
 刺すような猛暑の連続で今年は何百年単位で繰り返される厄年に当たっているような
 気さえ致します。
  さて、先日届いた7月の運行状況は、利用状況欄を見ていただければお分かりの通り、
 社会の不安をよそに右肩上がりの好調ぶりです。
  自治会や老人会などの日常的な活動が自粛制限されている中で、対人恐怖症や
 うつになりそうだと、いう声もちらほら聞こえていましたが、停留所で「バスのお陰で
 気分転換の外出ができて助かっている」、「タクシーは知らない運転手で気を遣うけど、
 ぐるっとは乗客も運転手も顔見知りで安心だ」と重宝している喜びの声をお聞きして、
 生瀬の生活の足としてしっかり定着していることを実感しました。
  感染予防は自宅に閉じこもっていることだけではなく、適度の外出や人との触れ
 合いはしっかり基本を守って行い、バランスのとれた食事と十分な睡眠で心身に免疫力を
 つけることだと思います。
  すでに第二波が到来している情報もありますが、なにとぞご乗車の際はエチケット
 マナーを守っていただいて、円滑な運行にご協力をよろしくお願いいたします。


■□ 当面の対策 □■
・手すりやシートベルトなどは休憩ごとに除菌殺菌しています。    
・運行中は換気のために窓を開ける場合があります。    
・ご乗車の際はマスクの着用をお願いいたします。    
・お釣りがないようにできるだけ回数券をご利用ください。
 
  

■□ お知らせ □■
2020年8月10日 令和2年7月の利用者実績を更新しました。(利用者の推移のページに掲載)
2020年5月30日 「平成29年ふるさとづくり大賞総務大臣賞を受賞」の動画を掲載しました。(アルバムのページに掲載)
2020年5月25日 まるごと市政「地域の心をつなぐコミュニティバス」の動画を掲載しました。(アルバムのページに掲載)
2020年5月23日 新システムになりHPをリニューアルしました。これから活動の様子や地域情報をタイムリーにお知らせしていきます。




このHPは「ぐるっと生瀬」運行協議会が運営しています
〒669-1112 西宮市宝生が丘1-24-10  Tel:070-1819-1549
E-mail:guruttonamaze@gmail.com

★全国各地で、コミュニティ交通に取り組んでいる仲間たち★